耐震補強

安心は、築き上げるもの。

仙台市から委託を受けて平成15年から耐震診断を行っています。16年頃から、補強が必要なお客さまの工事を創建コーポレーションさんにお願いしています。きっかけは知りあいの工務店の紹介でしたが、職人さんの補強技術はもちろん、工事の養生など気配りもしっかりしており、仕事が丁寧。施工後はお客さまの手の行き届かないガラスまでピカピカに掃除してくれたり、ちょっとした気遣いがとても喜ばれています。この先も長く安心して暮らすためのリフォームですから、信頼できるところに頼むのが私の大事な役目。今では工事の7~8割を同社に依頼しています。

耐震補強は目に見えない部分を直すので、一般のリフォームと違い、お金をかけた割に普段は快適さを実感できないかもしれません。「東日本大震災でも倒れなかったので、ウチは大丈夫」とおっしゃる方もいます。あの地震は木造住宅が倒壊する周期ではなかったため、規模の割に地震そのもので壊れた建物は少なかったのですが、木造住宅と共鳴する1〜2秒周期の地震が起きた場合、規模は小さくても補強をしていない家は倒壊の可能性があります。お客さまには「健康診断でみつかった内臓の悪い部分を病院で直すのと同じことですよ」と説明しています。肝心の病院も、中には自己流で基準と異なるやり方をするところもあります。創建コーポレーションさんの腕は確かですから、「お住まいの健康診断」を受けて、悪いところはしっかり直すことをおすすめします。